葉山のナチュラルワイン専門店『ami hayama(アミハヤマ)』のオフィシャルサイトです。

”苦手なこと”と向き合う。数字のお仕事のこと。

2021.02.01 | ami
”苦手なこと”と向き合う。数字のお仕事のこと。
こんにちは!ami hayamaのmihoです。
先日長女12歳の誕生日会をしました。あと少しで小学生から中学生になるうちの子、なんてあっという間なんでしょう!
親としていろんな気持ちが揺れ動いています。
あとどれくらいこんな時間が過ごせるのかな〜とか反抗期が来たらどうしようとか、毎日お弁当作れるのか!?とか、いろいろなことが本当にドキドキしてしまいます笑

[ ご近所のLe Canariさんにケータリングお願いしました。 ]

誕生日は我が家で、美味しいケータリングのお料理と美味しいケーキをみんなでニコニコしながらいただきました。
娘に対しておめでとうの気持ちと共に、ここまで成長してくれてありがとうという気持ちが込み上げてきて、家族の時間が本当に貴重に感じた夜でした。

[ 働き者のMacさん ]

さてさて、お仕事のお話。
2021年に入って、私がほぼ毎日向き合っていること、、それは苦手分野トップ3に入る”数字”です!
この時期は数字系の仕事がとにかく盛り沢山、夢にまで「勘定科目」「仕訳」「粗利」などの単語が登場します笑

amiは株式会社で、今はいわゆる「ひとり社長」というスタイル。それぞれ独立したメンバーでチームを構成しています。(この辺りはまたいつかまたお伝えする機会を作りますね)
当然毎年「決算」というものがやってくるわけなのですが、2年前からいろんな経緯で学び思うことがあって、税理士さんにはお願いせず、日々の経理、決算書の作成、法人税の計算など全て自力でやっています。(方法としてはクラウド会計のシステムにお世話になっています。)
今年はいよいよ消費税のことも視野に入れる必要が出てきて、先日税務署に行って基本的なことを教えてもらってきました。
「税務署」というと、やみくもに「怖い」というイメージがあって、以前は建物の中に入るだけでお腹が痛くなっていたのですが笑、今ではわからないことがあると気軽に質問しに行く場所になりました!(みなさん優しいです!)
はじめの頃は「わからないことがわかりません💦」という状態でしたが、丁寧にひとつひとつ教えてもらい、そこから自分でも本など読んで勉強していき、少しずつ経理を理解していくうちに、やっとのことで「わからないことがわからない」から「ここの部分がわからない」と言えるまでに成長しました!
そして今、自力で決算2度目!の季節を迎えています。がんばります!(今回はギリギリにならないように😆)

[ 今年はこれになんでも書き込みます ]

それからもう1つこの時期にやることは、新年度の事業計画を立てること。会社として成長していくため重要なことです。
amiはワイン販売、飲食、宿泊と3つの部門があり、全体の年間目標を決めたのち、それぞれの月別数値目標をシュミレーションしていきます。これも以前は眺めているだけで強烈な睡魔に襲われていましたが、最近はすんなり向き合えるように。それぞれの部門で頑張ればいけるかも?という目標数値を決めて、バランスを取っていく作業がなんだか面白い!とさえ感じるようになりました。頼もしいチームに恵まれたことで、私も安心してじっくり取り組めるようになったのかなと思っています。

今後誰か税理士さんにお願いしていくのかはまだ決めていないのですが、とりあえず自力で決算をするようになったことはamiのステップとして本当に良かったと思っています。数字ニガテ!決算書ヨメナイ!のままでは見えてこなかったものが今見えるようになってきました。自分の会社のことですものね。数字の側から読み解くことで全体像や改善ポイントも明確になってきます。より良い組織にしていくための大切なことだったなあと今ではいろいろな流れにも感謝です。
自称「数字アレルギー」だった私ですが、少しずつ成長を感じつつ、今日も数字と向き合うお仕事がんばります!

そしてその一方でますます明確に表現し、チームで共有していく大切なことがあります!

amiの大事なミッションのこと。

これがなければ、数字も全く意味がなくなるくらい、本当に大切なこと。
これについては次回に書きますね!







more ami blog